×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イギリス英語の歌(英語歌詞)で英語発音練習?

イギリス英語歌詞(イギリス英語の歌)の中にはアメリカ(米語)のアーティストの歌詞より我々日本人の耳に歌全体を通し比較的ヒアリングし易い英語の歌が多く存在している様な気がします。もちろんそのアーティストの楽曲や英語歌詞の内容にもよりますが、各ピックアップ歌の中で「ややヒアリングにコツの要るフレーズ」の理解方法などのポイントと共に、いくつかの歌(洋楽CD)を紹介してみたいと思います。また各アーティストの洋楽歌詞サイトもリンクで紹介しておきます。ポイントさえ押さえれば、洋楽カラオケも意外と簡単に歌えます。

本格的な英語発音練習にはあまり成りませんが、まずは英語は英語として素直に聴き取り、リズムのある音楽として英語発音の特徴を掴むのも楽しいものです。

【当サイトコンテンツ利用時の心得(ご注意点)】”
当サイトはあくまで「イギリス英語の歌リスニング遊びサイト」です”

当サイトには「英語発音記号」などを使用した正当な英語発音練習方法は出て来ません。
従って洋楽CD[イギリス英語アーティスト]の英語の歌で真面目な英語発音練習、というサイトでは無く、
あくまでイギリス英語の歌を通し英語独特のフレーズに遊びながら英語に慣れる、という目的のサイトです。

当サイトメインコンテンツ「イギリス英語の歌」で英語リスニングに慣れる際の重要な遊びポイント!

英語発音はまず英語の歌も[素直にリスニング]してみる。

英語発音練習」はまずリスニング(聴き取りの慣れ)出来なければ難しいと思います。発音出来なければ聞き取れない、聴き取れなければ発声出来ないと言われていたりしますが、当サイトではまず英語の発音モノマネから入ります。

英語発音モノマネの「基ネタ」は割と日本のカタカナ英語発音に近い部分の少なくないイギリス英語の歌の洋楽CDを紹介してみます。ここで紹介するイギリスの英語の歌CDはとてもリスニングし易く、その結果まずは英語リスニングに自信がもてます。自分に合った英語教材が無いという人、外国人の友達や英会話学校にはそう縁が無いという人、又は英語教師や英語検定、ビジネス英語などに要求される発音記号による正しい英語発音の必要性はないけれど、外国人が話しかけて来た際、逃げずに「ある程度何を言っているかぐらいは瞬時に受け止め、簡単な単語だけの返答でもいいから的確に応えてあげられるぐらいにはなりたい、」という程度の基礎のヒアリングになります。

英語教材には成りませんがイギリス英語歌詞(英語の歌)で我々日本人に英語が聴き取り易い洋楽歌詞をPickUp。

↓多分学校では教わりませんが[洋楽を聴き込んでいる人]は”或る時”突然気付いたりする、日本語には無いこの特徴。

⇒[イギリス英語の歌]洋楽歌詞洋楽カラオケ&英語発音練習ヒントにもなるpage

洋楽カラオケの歌い方(英語発音練習)にも応用出来るけれどちょっとご注意

当サイトは本格的な「英語学習サイト」では無く、洋楽カラオケや英語リスニング練習に使えるぐらいのコンテンツですが、繰り返しますが英語発音練習もまず、その元ネタが無い事には発音練習も出来ませんから、英語の歌の中などからまず英語発音、ヒアリングの上達のカギとなる、日本語には無い「英語独特のリエゾン」の存在に気付き、「イギリス英語歌詞」などの英語の歌で音楽やリズムと共に気軽にリエゾンのパターンに慣れる事だと思います。比較的聞き取り易いイギリス英語歌詞から英語独特のリエゾンの特徴を知り英語のヒアリング方法と英語の発音のポイントを得る。・・・これがこのサイトのテーマです。何度も言いますが真面目な英語勉強法とは違いますのでお間違い無く!

イギリス英語歌(洋楽歌詞)pick-up

当サイト管理人がある程度歳なので、ここで紹介するイギリス英語歌(洋楽歌詞)はどれも80年代洋楽になってしまいますが、とりあえずどれもまだ洋楽ダウンロードサイトやCDショップには”多分”在るものです。

尚、下記でピックアップする洋楽歌詞は、あくまで歌の中の英語ですので、必ずしも正しい英語文法が使われているとは限りません。

これで英語教材や英語学習になる訳でも無くこれだけで話せる様になったり「英語検定」に合格するとかいうもんでも有りません。本格的な、どこに出ても恥ずかしく無い英語の達人になる英語勉強法にはやはり英語教室や通信教育で発音記号に沿った訛りやアク、クセの無い四角四面の英語学習も必要ですし、外国人の友達を持つ事やワーキングホリデー等を利用し、英語勉強する事をおすすめします。なかなかそんな余裕ありませんが・・・

英語ヒアリング練習用アーティスト【当サイトでのイギリス英語の歌】ピックアップ洋楽歌詞

ずばり、これらは英語ヒアリングがし易いし、洋楽カラオケも歌い易いです。
イギリス英語の歌 『ソフト・セル/ノンストップエロティックキャバレー』
「フラストレイション」という歌の洋楽歌詞でみてみます。
この曲を選んだ理由は「歌詞構成が単純」だからです。
マークアーモンドという人がボーカルですが、
この人の英語発音は我々日本人にも
聴き取り易い英語歌の部類かと思います。
英語の歌 『ヒューマンリーグ/デア!』
このグループのボーカルはフィルオーキーという人ですが、
左のソフトセル以上に英語発音的にはヒアリングし易い人に思えます。
「1曲目」の曲でリエゾンポイント等を検証してみますが、
ヒューマンリーグのこのアルバムは、
ラブアクションとドントユーウォントミー以外は
洋楽歌詞の中ではかなりヒアリングし易い部類だと思います。

英語発音 『ヘブン17/ザ・ラグジャリィギャップ』
ヒューマンリーグからの暖簾分けグループ。
本国イギリスでは割と有名だったグループです。
ボーカリストの声質はヒューマンリーグに似ています。
「カム・リブ・ウィズ・ミー」という英語の歌
を取り上げてみます。
英語の歌詞 『ゴーウエスト/ソングフロムザビッグチェア』
「ウイ・クローズ・アワ・アイズ」という曲を紹介します。
タイトル部分のリエゾンが独特です。
それ以外は簡単です。

洋楽歌詞 『ティアーズフォーフィアーズ/ソングフロムザビッグチェア』
「シャウト」というイギリス英語の歌をピックアップ。
過去に日本でもTVCMでオンエアされていた時期が
ありますので聞いた事ある人も多いかも知れません。
”let it all out”と歌う部分の英語リエゾンが独特。

英語歌(UK以外)でヒアリングし易い洋楽歌詞

ここでは「イギリス英語の歌以外」で比較的ヒアリングし易い洋楽歌詞を2つ程ピックアップ。もちろん他の歌にも英語の発音が聴き取り易いのもありますが、とりあえずこの2枚で。

スザンヌベガ 『スザンヌ・ベガ/』
トムズダイナーやルカといった大ヒットしたキャッチーなナンバーも
英語リスニングのおすすめ洋楽ですが、ここでは
「キャラメル」というナンバーをピックアップします。
ウーマサーマンの出演している映画にも挿入されていた洋楽曲です。
ちょっと曲調は暗いんですが、英語の歌詞が割と簡単な構成で、
英語発音が聴き取り易いアンニュイな曲です。

インエクセス 『インエクセス/スイング』
彼らはオージー英語のハズですが、
「オリジナル・シン」という曲の歌詞はヒアリングが容易です。

「英語の歌(UK以外)」洋楽歌詞スザンヌベガ&インエクセス」ページ

英語検定合格、英語教師目標、ビジネス英語教材、英語通訳目標など
「本格的英語学習」を求めている人々はコチラが当サイトのおすすめです↓
【お知らせ】現在、リンク差し替え中に付、もうしばらくお待ち下さい。

コピーライト(C)2005-2011[イギリス英語の歌(英語歌詞)で英語発音練習]


アクセスアップ無料求人広告販売代理店募集メルマガ広告メール配信
メルマガ広告携帯無料懸賞サイト登録&プレゼント宣伝情報掲載